NBA 来季から「チャレンジ」制度試験的に導入へ

[ 2019年7月11日 05:30 ]

 NBAは9日、両チームの監督にリプレー検証を要求する権利を与える「チャレンジ」制度を2019~20年シーズンから1シーズン、試験的に導入すると発表した。

 各チームは1試合に1度、チャレンジができる。対象となるのは選手のファウルや、ボールがコートの外に出たかの判定など。「チャレンジ」の要求にはタイムアウトが必要となり、タイムアウトを使い切って要求した場合は、テクニカルファウルが科される。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月11日のニュース