鶴竜&白鵬 そろって新小結料理「相手がよく見えていた」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

大相撲名古屋場所4日目 ( 2019年7月10日    ドルフィンズアリーナ )

<大相撲名古屋場所4日目>鶴竜は突き出しで阿炎(左)を破る(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 両横綱がそろって新小結を料理した。

 まずは鶴竜。阿炎の突っ張りを我慢すると、相手の腰が高くなったタイミングで前に出た。元付け人に完勝し「相手がよく見えていた。ついていって前に出られた」と涼しげな表情。結びの一番では白鵬が右で張って左を差した立ち合いから右上手を引きつけると、攻め手を失った竜電を冷静に寄り切った。2大関を破った相手の壁になり「そうさせない気持ちで土俵に上がりました」とうなずいた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月11日のニュース