錦織、帝王フェデラーに通算8敗目「彼の強さに負けた」

[ 2019年7月11日 05:39 ]

テニス ウィンブルドン選手権第9日 ( 2019年7月10日    英ロンドン・オールイングランド・クラブ )

準々決勝で敗退した錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭(29=日清食品)は、第2シードのロジャー・フェデラー(37=スイス)に6―4、1―6、4―6、4―6の逆転負けを喫した。1933年の佐藤次郎以来、日本人男子として86年ぶりの4強進出はならなかった。

 4大大会通算20度、ウィンブルドン8度の優勝を誇るフェデラーとセンターコートで渡り合った。徐々に過去3勝7敗の強敵が地力を見せ始めた。「(力は)出し切りましたけど。やっぱり自分のプレーが継続できなかった。確実に相手も強くはなりました。ちょっと焦ってしまった」と錦織。「彼のプレーの良さからくるプレッシャーだったり。ベストな選手とやっているので。そこは彼の強さに負けた部分」と悔しさをにじませた。

 円熟のプレーを見せ、ウィンブルドン通算100勝を飾ったフェデラー。錦織は「自分に対しての対戦の時は変化を感じていている。たぶん2~3年かなと思いますけど。昔のように、ゆっくりラリーしてくれなくなった。どの選手に対しても彼のプレーは変わっている」と対戦後の印象を語った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月11日のニュース