貴景勝 5週間の加療必要に…診断書公表「右膝内側側副じん帯損傷」

[ 2019年7月8日 05:48 ]

大相撲名古屋場所初日 ( 2019年7月7日    ドルフィンズアリーナ )

名古屋場所初日から休場した大関・貴景勝
Photo By スポニチ

 初日から休場した大関・貴景勝(千賀ノ浦部屋)の診断書が公表され、「右膝内側側副じん帯損傷で7月4日より5週間の加療を要する」との内容だった。

 カド番で迎えた今場所は全休する意向で、在位2場所での関脇転落が確実となっている。新大関だった夏場所で負傷し、大関以上では極めて異例の再休場の末に3勝4敗8休で負け越した。秋場所で10勝すれば特例で大関に復帰できる。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月8日のニュース