黄、V逃すも激闘満足「今回が一番優勝には近かった」

[ 2019年7月8日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 日本プロ選手権最終日 ( 2019年7月7日    鹿児島県 いぶすきGC=7150ヤード、パー70 )

最終日、14番でティーショットを放つ黄
Photo By 共同

 プレーオフで4年ぶりのツアー優勝を逃した黄重坤(ハンジュンゴン)は「残念でした」と悔しがった。

 石川に2差をつけて迎えた最終ラウンドの17番。第1打はグリーンに乗ったかに見えたが、傾斜で池に落とし痛恨のダブルボギー。「安全にいったつもりだったが、それが良くなかった。感触も良くなかった」とうなだれた。それでも36ホールの激闘で最後まで優勝争いをしたことには満足そう。「今回が一番優勝には近かった」と前を向いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月8日のニュース