松山英樹7位「パットが入らなかった」 20歳ウルフ初V

[ 2019年7月8日 09:03 ]

 米男子ゴルフの3Mオープンは7日、ミネソタ州ブレインのTPCツインシティーズ(パー71)で最終ラウンドが行われ、2打差の6位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギーの68で回り通算16アンダー、268で7位だった。小平智は7アンダーで58位。

 6月にプロ転向したばかりの20歳、マシュー・ウルフ(米国)が65で通算21アンダーに伸ばしてツアー初優勝。賞金115万2千ドル(約1億2550万円)を獲得した。1打差の2位にブライソン・デシャンボーとコリン・モリカワ(ともに米国)が入った。

 ▼松山英樹の話 前半は悪いながら最低限のプレーはできた。後半はチャンスがあるかなと思ったけど、パットが入らなかったのが残念だった。打ち切れていないのが現状。課題が残った。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月8日のニュース