ハーフ男子 佐藤満足2位、服部復帰戦3位

[ 2019年7月8日 05:30 ]

ゴールドコースト・マラソン ( 2019年7月7日    オーストラリア・ゴールドコースト )

ゴール後、取材に応じる佐藤悠
Photo By 共同

 5月の仙台国際ハーフマラソンに次いで日本人最高の2位となった佐藤は「前半は余裕を持っていくイメージ。残り5キロから自分でレースを動かす感じで上がってこられればと思っていた」と満足そうな表情。ライバルは日本勢と見定め、後半に積極的に仕掛けた。所属の日清食品グループが陸上競技部の縮小を発表したり、負傷したりと順風満帆ではないものの、東京五輪をにらんで前進している。

 急性虫垂炎で4月のハーフマラソンを欠場した服部にとっては復帰戦。優勝から9秒遅れの3位となり「勝ち切ることができれば良かった」と残念がった一方、MGCに向け「順調なことを確認できた」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月8日のニュース