今平 省エネ調整 小兵コースに意欲「多少勝負になるかな」

[ 2019年6月14日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日 ( 2019年6月13日    米カルフォルニア州 ペプルビーチGL=7075ヤード、パー71 )

濃い霧の中、笑顔で練習ラウンドを続ける今平
Photo By スポニチ

 昨季の日本ツアー賞金王の今平は海外メジャー初の決勝ラウンド進出を誓った。過去5度の大舞台は全て予選落ち。開幕前は3日間で1.5ラウンドの省エネ調整で終えた。

 マスターズ、全米プロと、この2カ月間で日米を2往復半。「ちょっと疲れてますけど、試合の流れで来られてるんで。調子はいい」と前向き。今大会は7075ヤード、パー71。1Wの平均飛距離が292.67ヤードの小兵だが、「多少勝負になるかな」と意欲を見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月14日のニュース