長崎美柚 世界4位の朱雨玲を撃破「まさか勝てるとは」

[ 2019年6月14日 13:48 ]

荻村杯ジャパンオープン第3日 ( 2019年6月14日    北海道・北海きたえーる )

荻村杯女子シングルス1回戦、朱雨玲に勝利し、笑顔がこぼれる長崎(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 各種目の決勝トーナメント1回戦が行われ、女子シングルスは世界ランク39位の長崎美柚(16=エリートアカデミー)が同4位の朱雨玲(中国)を4―1で下し、2回戦に進んだ。

 長崎は第1ゲームを11―6で先取。第2ゲームは5―11で落としたがそこから11―9、11―7、11―9で押し切った。「まさか勝てるとは思わなかった。苦しい場面が多かったが、その中でも一番良かったのは最後まで我慢したこと」と笑顔で振り返った。

 長崎は午後6時半開始予定の2回戦で同9位の平野美宇(19=日本生命)と対戦する。

 石川佳純(26=全農)は木原美悠(14=エリートアカデミー)との日本人対決を4―0のストレートで快勝。地元出身の佐藤瞳(21=ミキハウス)は4―1で勝利した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月14日のニュース