松山英樹、2アンダーで16位タイ「よかったと思う」 全米オープン

[ 2019年6月14日 12:24 ]

全米オープン 第1ラウンド ( 2019年6月13日    米国カリフォルニア州・ペブルビーチGL )

全米オープンが開幕。13番パー4(445ヤード)でティーショットを放つ松山英樹
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの海外メジャー今季第3戦、全米オープンは13日(日本時間同日)、米国カリフォルニア州ペブルビーチのペブルビーチGLで第1ラウンドを行った。

 日本勢のトップを切ってスタートした世界ランク29位・松山英樹(27=LEXUS)は14番パー5(592ヤード)でチップインイーグルを決めるなど、1イーグル、3バーディー、3ボギーの69をマーク。大会史上2人目の3連覇を狙うブルックス・ケプカ(29=米国)と同じ首位に3打差の2アンダー、16位グループにつけた。

 65をマークした世界ランク4位ジャスティン・ローズ(38=英国)が6アンダーで単独首位。これを1打差でリッキー・ファウラー(30=米国)ら4人が追っている。4月のマスターズに続くメジャー通算16勝目を目指す世界ランク5位タイガー・ウッズ(43=米国)は1アンダーの28位スタートとなった。

 その他の日本勢は堀川未来夢(26=Wave Energy)が2オーバーの77位、日本の賞金王・今平周吾(26=フリー)は4オーバーの116位、市原弘大(37=フリー)は9オーバー、149位と出遅れた。

 ▼松山英樹 よかったと思います。(2日目以降も)やることは変わらないと思いますけど、その場所に応じて風の吹き方も変わるかもしれませんし、その時々に応じてやっていけたらと思います。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月14日のニュース