小平 4週間ぶりの実戦、メジャー第2戦へ入念調整

[ 2019年5月14日 16:14 ]

入念に1Wの練習を行う小平智
Photo By スポニチ

 米男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権は16日から4日間、ニューヨーク州のベスページ・ステートパーク・ブラックC(7459ヤード、パー70)で行われる。4週間ぶりの実戦となる小平智(29=Admiral)は13日にコース入りし、9ホールを練習ラウンドした。

 久々の試合を前に、小平は入念に1Wを振り込んだ。アウト9ホールのラウンド後、約1時間にわたり複数メーカーの8本の1Wをチェック。その理由を「1W探しの旅はまだ続いている。やはりアメリカの試合で後悔したくないので、今試している」と説明した。どれを使うかは直前まで熟考するというが、「すごく良い感じ」とスイング自体への手応えを口にした。

 前回王者として臨んだRBCヘリテイジでは70位に終わり、翌週から3週間をオフに充てた。日本に帰国した際には、元賞金女王でもある美保夫人との夫婦水入らず時間を過ごした。「美保と一緒に食事したりカラオケに行ったりして、いい息抜きになりました」。日本でははり治療など米国では出来ない体のケアなども行い、心身共に万全の状態でメジャー2戦目に臨む。コースの印象について「ラフに入ったら全然出ないし、ここ最近で1番難しいセッティング」と語り「まずは予選を通過して、上位争いができたら」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月14日のニュース