貴景勝また鼻血も 好判断で琴奨菊撃破

[ 2019年5月14日 05:30 ]

大相撲夏場所2日目 ( 2019年5月13日    両国国技館 )

琴奨菊(右)を攻める貴景勝(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 新大関・貴景勝が2連勝を飾った。

 立ち合いのもろ手突きで手が滑り、琴奨菊との距離を取れなかったが、喉輪で起こしてからはたいて崩し、突き出した。「(手が滑って)思い通りにいかなくても、もう一回攻め直す形をつくることが大事」。冷静な判断で好発進。「また取組前に鼻血が出た」と2日連続のアクシデントにも動じなかった。3連勝を目指す北勝富士戦へ「力を出し切ればそれでいい」と口元を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年5月14日のニュース