キャバリアーズ新監督にミシガン大のビーライン氏が就任へ 66歳で初のNBA指揮官

[ 2019年5月14日 12:26 ]

キャバリアーズとの契約に合意したミシガン大のビーライン監督(AP)
Photo By スポニチ

 今季19勝63敗と低迷したNBAキャバリアーズの新監督に、ミシガン大を12季率いてきたジョン・ビーライン氏の就任が内定した。5年契約に合意したもので、ミ大やウエスト・バージニア大など4つの大学で通算571勝325敗の監督成績を残した同氏は、66歳にして初めてNBAの指揮官になることを決意。ミ大ではNCAAトーナメントの決勝に2度(2013、18年)進出し、278勝150敗という好成績を残しているだけに、その手腕が注目されるところだ。

 
 なおレイカーズは同日、契約が合意に達していた元ペイサーズの指揮官、フランク・ボーゲル氏(45)の新監督就任を正式に発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月14日のニュース