ウォリアーズ デュラントが西地区決勝の2戦を欠場 シリーズ出場は微妙

[ 2019年5月14日 12:25 ]

西地区決勝シリーズで第2戦までの欠場が濃厚になったウォリアーズのデュラント(AP)
Photo By スポニチ

 NBAウォリアーズのスティーブ・カー監督(52)は13日、プレーオフ西地区準決勝の第5戦(8日=対ロケッツ)で右足のふくらはぎを痛めたケビン・デュラント(30)の状態に触れ、トレイルブレイザーズと対戦する西地区決勝の第1戦(14日)と第2戦(16日)では復帰しない可能性を示した。16日の試合終了後に再度判断するとしているが、カー監督によればデュラントはまだ歩行ができない状態。4月16日に左太腿を痛めたディマーカス・カズンズ(28)同様、ウォリアーズは主力2人を欠いての決勝となりそうだ。

 一方、ナゲッツとの地区決勝最終戦(12日)で左膝を打撲したトレイルブレイザーズのロドニー・フッド(26)も第1戦の出場は微妙。両軍ともに故障者を抱えながらのシリーズ突入となる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月14日のニュース