沙羅完全復活へ 助走改善に重点

[ 2019年5月14日 05:30 ]

飛躍練習するノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅
Photo By 共同

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(22=クラレ)が13日、秋田県鹿角市内で合宿を公開した。試行錯誤しながら過ごした昨季はW杯1勝にとどまり、個人総合でも過去最低の4位に終わっただけに「自分のジャンプを見つけていきたい」と抱負を語った。

 4月末に始動し、重点的に取り組むのは昨季に苦戦した助走姿勢だ。踏み切りでしっかりと足の力を伝えることを意識している。この日は6本の飛躍練習を行い「まだまだ(飛躍練習の)本数が必要と感じたけど、踏み切りにつなげるためのスタートが切れたと思う」と上々の様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月14日のニュース