バレー女子代表 石川祐希の妹・真佑が初選出「たくさん学んで五輪につなげたい」

[ 2019年4月25日 05:30 ]

インタビューを終えた(左から)黒後、中川、石川
Photo By スポニチ

 バレーボール女子の日本代表が24日、東京都北区の味の素トレセンで記者会見を行った。

 注目は全日本男子エースの石川祐希(23=シエナ)を兄に持つ初選出の石川真佑(18=東レ)。「驚いたが、たくさん学んで自分の成長を五輪につなげていきたい」と意欲を見せた。

 代表28人中8人が初選出、7人が10代というフレッシュなメンバーとなった今年度の火の鳥NIPPON。就任3期目となる中田久美監督(53)は「今季は東京五輪に向けて重要になる。いい風が吹くように、若い選手を選出するよう意識した」と語った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月25日のニュース