道銀 世界2位撃破!女子1次リーグ白星発進

[ 2018年12月21日 05:30 ]

<軽井沢カーリング第1日>女子1次リーグでロシアのチームを破って喜ぶ北海道銀行の(左から)近江谷、小野寺、船山、吉村
Photo By 共同

 カーリングの軽井沢国際選手権が20日に開幕し、女子1次リーグB組で北海道銀行が世界選手権2位の実績を持つロシアのチームを6―5で破った。C組の中部電力はスコットランドのチームに6―5で競り勝つなど2勝した。

 男子はD組でコンサドーレが長野のチームを5―2で、北海道のチームを8―2で下して2連勝。E組で平昌五輪後にメンバーが大幅に変わったSC軽井沢クはカナダと韓国のチームに敗れて2戦2敗となった。大会は男女とも1次リーグは15チームが3組に分かれ、各組上位の計8チームが決勝トーナメントに進む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース