宮原知子、伊藤みどりさん以来の5連覇へ首位発進「きょうは良かった」

[ 2018年12月21日 21:11 ]

フィギュアスケート全日本選手権第1日 ( 2018年12月21日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

<全日本フィギュアスケート選手権初日>女子SP、演技をする宮原知子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で、平昌五輪4位の宮原知子(関大)は76・76点で首位発進した。

 完璧な演技を披露し、国際大会の自己ベストを上回った。「もっといいジャンプが跳べたらと思った」と話したが、「今できることは何とかできた。大きなミスはなかったので、きょうは良かった」と納得の表情を浮かべた。

 5連覇を達成すれば、85〜92年に8連覇を達成した伊藤みどりさん以来となる。女王はSPのハイスコアにも満足しない。「フリーが終わるまで試合はある。しっかり自分の演技をして応援してくださる全ての方々に自分の気持ちと最高の演技をお見せできるよういしたい」と23日のフリーでも好演技を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース