伊調馨VS川井梨紗子いきなり初戦で激突 予選で同組、決勝で再び対戦の可能性も

[ 2018年12月21日 21:30 ]

全日本選手権女子57キロ級にエントリーした伊調馨
Photo By スポニチ

 レスリングで五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)が出場する全日本選手権の女子57キロ級は22日から始まる。21日に組み合わせ抽選が行われ、最大のライバルとなる今年の世界選手権59キロ級女王の川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)との頂上対決が初戦でいきなり実現することになった。

 組み合わせ抽選前に世界選手権代表で第1シードの坂上嘉津季(26=ALSOK)が膝のケガで棄権。出場人数が8人から7人に減ったため、急きょトーナメント方式からリーグ戦とトーナメントを合わせた「ノルディック・システム」に変更され、伊調と川井梨に南條早映(19=至学館大)を加えた3人が同組となった。リーグ初戦で2人は顔を合わせる。

 両者の対戦は過去に3度あり、いずれも伊調が勝利している。ただし川井梨はリオ五輪で63キロ級で金メダルを獲得し、その後も世界選手権で優勝を続けており、今回は初めて伊調が挑む立場となる。1次リーグは各組2位以上が準決勝に進出。2人が決勝まで勝ち上がれば、優勝を懸けた舞台で再び対戦することになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース