ロケッツの連勝は5でストップ クリッパーズは連敗を4で阻止

[ 2018年12月21日 15:22 ]

ダンクを決めるクリッパーズのガリナリ(AP)
Photo By AP

 NBAは20日に2試合を行い、ロケッツは敵地マイアミでヒートに99―101(前半58―53)で敗れて16勝15敗。連勝は5で止まった。前日のウィザーズ戦ではNBA新記録となる26本の3点シュートを決め、この日も54本放って18本成功。しかし主力ガードのクリス・ポール(33)が前半に左太腿を痛めてコートを離れ、戦力がダウンする中で後半を迎えていた。

 ジェームズ・ハーデン(29)は35得点。エリック・ゴードン(29)は5本の3点シュートなどで20得点を稼いだが、決めていれば“逆転サヨナラ”のブザービーターだった最後の1本は外した。

 ヒートは14勝16敗。ジョシュ・リチャードソン(25)が22得点を挙げ、今季初の3連勝を飾った。

 クリッパーズは地元ロサンゼルスでマーベリクスに125―121(前半65―54)で競り勝って18勝13敗。ダニロ・ガリナリ(30)が32得点、ルー・ウィリアムス(32)が26得点をマークしてチームの連敗を4で阻止した。

 マーベリクスは4連敗で15勝15敗。スロベニア出身の新人、ルカ・ドンチッチ(19)が32得点、昨季までクリッパーズに在籍していたセンターのディアンドレ・ジョーダン(30)が11得点と22リバウンドを稼いだが、苦手のロードでは今季2勝12敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース