ザギトワ、80点超えで首位発進!2、3位はジュニア勢 メドベージェワまさかの14位

[ 2018年12月21日 22:38 ]

アリーナ・ザギトワ
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのロシア選手権は21日、世界選手権(19年3月、埼玉)などの代表選考を兼ねてサランスクで行われ、女子ショートプログラム(SP)で、平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)が80・62点をマークして首位スタートを切った。

 昨季の世界ジュニア選手権で優勝したアレクサンドラ・トルソワ(14)が74・96点で2位、ジュニアGPファイナル優勝のアリーナ・コストルナヤ(15)が74・40点の3位で続いた。

 平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19)は62・24点で14位と出遅れ。2015年世界選手権優勝のエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)は肺炎で入院したため欠場している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース