紀平梨花、アクセル8発で好調アピール 全日本選手権・女子SPへ最終調整

[ 2018年12月21日 10:09 ]

<全日本フィギュアスケート選手権初日>午後のSPに向け練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日に開幕する。午後の女子ショートプログラム(SP)に向け、初優勝を狙う紀平梨花(16=関大KFSC)、5連覇が懸かる宮原知子(20=関大)ら有力選手が午前の公式練習で調整した。

 紀平は「月の光」を流しての滑走でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、フリップ―トーループの連続3回転、3回転ルッツと完璧に成功。アクセルは他にも7回成功し、計8度決めた。20日にはスケート靴への不安を明かし、この日も気にするシーンがあったが、初優勝へ好調をアピールした。紀平は29人中27番目(午後8時34分)、宮原は最終滑走の29番目(同8時47分)に登場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース