【写真特集】宮原SP首位!紀平は5位“ジュニア女王”横井ゆは菜が健闘6位、真凜18位

[ 2018年12月21日 21:40 ]

<全日本フィギュアスケート選手権初日>女子SP、演技を終え笑顔の宮原知子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート全日本選手権の女子ショートプログラムが21日に行われ、5連覇が懸かる宮原知子(関大)が76・76点で首位スタート。坂本花織(シスメックス)が2位、三原舞依(シスメックス)が3位、樋口新葉(開智日本橋学園高)が4位で追う。GPファイナルを制した紀平梨花(関大KFSC)は5位。全日本ジュニアの女王・横井ゆは菜(中京大中京高)が6位と健闘した。本田真凜(JAL)は18位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース