樋口新葉 復活の舞い72・63点!「久しぶりの試合でいい演技」

[ 2018年12月21日 20:55 ]

フィギュアスケート全日本選手権第1日 ( 2018年12月21日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

<全日本フィギュアスケート選手権初日>女子SP、演技をする樋口新葉(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で、樋口新葉(開智日本橋学園高)は72・63点で4位発進となった。

 ダブルアクセル、ルッツ―トーループの連続3回転、3回転フリップを着実に成功。72・63点は国際大会の自己ベストを超えた。右足甲を痛めて11月のロシア杯を欠場。「ここまで試合に出られなくて、久しぶりの試合でいい演技ができて嬉しかった」と振り返った。

 全日本では昨年4位に終わり平昌五輪代表を逃した。「フリーも自信を持って集中して臨みたい」とリベンジのフリーを見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース