錦織圭、2018年を振り返る「テニスができる幸せ…ケガを乗り越える強さも得られた」

[ 2018年12月21日 18:30 ]

錦織圭
Photo By スポニチ

 テニスの錦織圭(28=日清食品)は21日開幕のエキシビションマッチ「ハワイオープン」で新シーズンのスタートを切る。同大会を放送するWOWOWのインタビューで、錦織は右手首のケガから復帰した昨シーズンや2019年に向けた抱負を語った。

 ――2018年はどんな1年だった?

 「体感的には凄く長かった。初めの半年間は特に苦戦した。それを乗り越えられた後半戦だった。いろんなことを経験できた」

 ――乗り越えられたのはなぜ?

 「トップ10に戻りたい気持ちなど、テニスができる幸せを多く感じた。テニスが100%できる楽しさを改めて感じられて、逆にいい休みになった。今までずっと前線でやってきた中で、いい休養も取れた。またテニスが楽しくプレーできている」

 ――ケガを乗り越えて得たもの。

 「ケガのおかげでいろんなことに対面して、乗り越えていく力もできてきた。ケガをしたことで得られた強さだったり、サーブを変えるきっかけになったり、トレーニングも新たに取り組めた。ケガのおかげで出会えたこともたくさんあったので、いいきっかけにできたと思う」

 ――オフはどんなことを?

 「あまりこれと言ったことはしていないが、1回だけ友達と温泉に行って1泊して帰ってきた。それ以外はゆっくりしたり、日本では買い物が好きなのでいろんなところに行った」

 ――来年に向けて取り組んでいることは?

 「ショットの見直しなど、まだまだ伸びるところを細かい球出しでやっていく。足りないところはたくさんあるし、サーブもまだまだ強くしていかないといけない。そういった見直しは12月に重点的にやっている」

 ――自分で一番伸びしろを感じるのは?

 「走らされたときにいいディフェンスができるようにしたい。A・マリーやジョコビッチ、ナダルも凄くいいディフェンスがあって攻撃に変えていける。ああいう守りの強さも欲しい。まだまだ伸ばしたいショットもある。10個まではいかないが、そのくらいはある」

 ――全豪オープン(1月14日開幕)に向けては?

 「楽しみ。今年プレーできなかったのもあるし、オーストラリアでプレーするのは好き。いい結果を残したい」

 ――今年はハワイオープンに出場する。

 「(新シーズン初戦の)ブリスベンに向かう途中でもあり、トレーニングできる場所も見つけたのがきっかけ。いい調整になると思った。テニス勘を戻していければいい」

 ▼ハワイオープン放送予定 12/25午後8時〜、WOWOWライブ。大会中はメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信。

 ▼テニス特番「新シーズン開幕へ!錦織圭・大坂なおみ 勝負の年」 12/22日、午後3時50分〜、WOWOWプライムで無料放送。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月21日のニュース