谷口徹 PL同級生・桑田氏らの祝福に男泣き!永久シードへ「早く次の1勝を」

[ 2018年12月16日 19:22 ]

祝福に訪れた大阪・PL学園高時代の同級生で元巨人の桑田真澄氏(右)とがっちり握手する谷口徹
Photo By スポニチ

 今年5月の日本プロゴルフ選手権で50歳3カ月の国内メジャー最年長優勝記録を打ち立てた谷口徹(50=フリー)が16日、大阪市内のホテルで祝勝会を開き、日本ゴルフツアー機構の青木功会長(76)、大阪・PL学園高の同級生で元プロ野球巨人の桑田真澄氏(50)、プロゴルファー・小平智(29=Admiral)ら約350人が偉業を称えた。

 会場の温かい祝福ムードに谷口は思わず男泣きした。記念すべき日本プロでの優勝は節目のツアー通算20勝目。次なる大きな目標は史上8人目の永久シード保持者となるツアー通算25勝となるが「1センチ、1ミリでも成長したい。(永久シードは)自分の中では遠い目標ですが、それも21勝目がないと始まらない。早く次の1勝をしたい」と来シーズン中のツアー通算21勝目へ意欲を見せた。

 桑田氏とは壇上で対談し、高校時代の思い出話などを披露。「彼(桑田氏)みたいに日本一になりたい。そう思ったからここまで頑張れました」と話し、桑田氏からは「彼(谷口)がうまくいかなくなった時に手助けになればいいかなと思ってます。さらに上を目指して頑張ってほしい」と永久シード獲得へエールを送られた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月16日のニュース