15歳・張本 史上最年少王者に「優勝してこんなに興奮したことはない」

[ 2018年12月16日 20:10 ]

卓球ワールドツアー・グランドファイナル最終日・男子シングルス決勝 ( 2018年12月16日    韓国・仁川 )

優勝トロフィーを手に笑顔の張本
Photo By スポニチ

 男子シングルス決勝で、世界ランク5位の張本智和(エリートアカデミー)が、同4位の林高遠(中国)を4―1で撃破し、初優勝を飾った。15歳での戴冠は、グランドファイナルのシングルスでは男女通じて史上最年少。天才少年がまた卓球界の歴史を塗り替えた。

 「いやぁ、もう、最高としか言いようがない。優勝してこんなに興奮したことはなかった」と喜びを口にした張本。試合序盤から得点するたびに気合の「チョレイ!」を連呼。最後まで主導権を渡さずに相手を押し切った。

 6月の中国オープンでは1―4と完敗した林高遠にリベンジ。「今大会、初めて格上の選手だったし、この先、中国のトップに勝ち続けるためにも大きな1勝。この1年で間違いなく気持ちが成長した。実力を増していけば、東京五輪で金メダルを取れる可能性がもっと増えると思う」。今年の国際大会を最高の形で締めくくった15歳は、東京五輪での頂点を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月16日のニュース