来季女子ゴルフツアー 1増の39試合に、12月発表へ

[ 2018年11月30日 05:30 ]

 来季の女子ゴルフツアーが1試合増の39試合で開催される見通しとなった。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と主催者による来季の開催協約書の提出が28日に締め切られ、サイバーエージェントに代わり新スポンサーとなるパナソニックと新規の資生堂を含む39試合の主催者がLPGAに協約書を提出したことが判明。12月に日程発表が行われる見込み。

 ただ、LPGAとテレビ局を中心とする主催者は放映権の帰属問題を巡って意見が一致しておらず、主催者側は継続協議を要望。ツアー関係者は「多くのスポンサーが(放映権の帰属を求めるLPGAに)一筆入れて協約書を提出している。その返事がどうくるか」と説明。一方で別の関係者は「話し合いはかみ合っていないが、それで試合をやめるところは今のところない。今季と同じ(協議の形)になるのでは」と話している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年11月30日のニュース