全日本女子柔道初出場Vの素根 来春から環太平洋大に

[ 2018年11月30日 05:30 ]

素根輝
Photo By 共同

 体重無差別で争う4月の全日本女子選手権で史上初の初出場優勝を果たした78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)が来春の高校卒業後、環太平洋大に進学することが29日、分かった。

 素根は今夏のアジア大会を制し、世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)と東京五輪代表の座を争っている。25日のグランドスラム大阪大会では朝比奈を破って2位に入った。環太平洋大は92年バルセロナ五輪王者の古賀稔彦氏が総監督。素根は1メートル62と小柄ながら背負い投げなど担ぎ技を得意とし、一本背負い投げが代名詞だった古賀氏の指導を受けられる環境を望んだという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月30日のニュース