陸連が女子リレー強化プロジェクト立ち上げ 公募選考も

[ 2018年11月30日 05:30 ]

 日本陸連は東京五輪出場を目指す女子リレーチームの強化プロジェクトを立ち上げた。選考方法を従来の選抜に加えて公募型を採用。麻場一徳強化委員長は「継続して強化ができるようなチームづくりをしたい」と意気込みを語った。

 日本陸連によると、メンバーはセレクション(公募型)と標準記録達成者(ワイルドカード選抜)の2つの方法で選ぶ。公募型の基準は100メートル11秒75などで、それ相当の記録を有していれば陸上選手ではなくても応募は可能。第1回のセレクションは来年1月13日に実施。麻場委員長は「能力のある選手にどんどん参加してもらうというのが、これまでとの大きな違い」と期待を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月30日のニュース