萩野 右肘状態は「微妙」も前向く、競泳都秋季大会で今季初戦

[ 2018年10月21日 05:30 ]

東京都秋季水泳競技大会に出場した萩野
Photo By スポニチ

 競泳の萩野公介(24=ブリヂストン)が16年9月に手術を受けた右肘の状態に言及した。20日に東京辰巳国際水泳場で開催された東京都秋季大会で、100メートル背泳ぎと100メートルバタフライに出場。今季初戦となったレース後に「(肘は)微妙です」と明かした。

 それでも「肘だけでなく体のバランスが悪くなっていた。そういうところも含めて一から見直して泳ぎに生かしたい。全体的な体の使い方の中で肘とうまく付き合いたい」と悲観はしていない。オフ明けから自転車やランニングを増やし、下半身強化に着手。悪いフォームの泳ぎを排除することを意識し「全体的なサイクルは良い。20年(東京五輪)に向けてやることは明確」と迷いはない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月21日のニュース