小野塚 平昌へ出発 メダルラッシュ続くゾ、テレビ観戦で刺激

[ 2018年2月14日 05:30 ]

平昌冬季五輪 フリースタイルスキー女子ハーフパイプ

フリースタイルスキー・女子ハーフパイプ平昌五輪日本代表の(前列左から)鈴木、渡部、小野塚。羽田空港から平昌へ向け出発した
Photo By スポニチ

 フリースタイルスキー女子ハーフパイプに出場する日本代表3選手が羽田空港から平昌へ向けて出発した。

 前回の14年ソチ五輪銅メダリストの小野塚彩那(29=石打丸山ク)は前夜の日本勢のメダルラッシュをテレビ観戦。「メダルを獲った後のコメントや感情は特別。刺激を受けた。競技が終わった人からパワーを吸い取って、メダルにつなげたい」と笑顔で語った。初の大舞台に臨む鈴木沙織(28=城北信用金庫)は「感謝の気持ちを持って臨みたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月14日のニュース