男子フルーレ 日本勢はそろって本戦進出 

[ 2017年7月21日 08:47 ]

 フェンシングの世界選手権第2日は20日、ドイツのライプチヒで行われ、男子フルーレ予選は松山恭助(早大)敷根崇裕、西藤俊哉、鈴村健太(以上法大)がそろって23日の本戦出場を決めた。

 21日は個人2種目の本戦が行われ、日本勢は男子サーブルに徳南堅太(デロイトトーマツコンサルティング)ら3選手、女子フルーレに西岡詩穂(警視庁)ら4選手が出場する。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース