パラ世陸 芦田、男子走り幅跳びは5位 2個目メダルならず

[ 2017年7月21日 05:30 ]

男子走り幅跳びで5位だった芦田創
Photo By 共同

 パラ陸上世界選手権は19日、ロンドンで第6日が行われ、男子走り幅跳び(切断などT47)に今季の世界ランキング1位で臨んだ芦田創(トヨタ自動車)は6メートル40で5位に終わり、3位だった三段跳びに続く2個目のメダルはならなかった。

 男子やり投げ(脳性まひF37)の秋山正輝(DREAM A・T)は35メートル54で6位。女子400メートルでは、視覚障がいT13の佐々木真菜(東邦銀行)が1分0秒17で6位、車いすT53の中山和美(アクセンチュア)も1分0秒62で6位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース