碧山1差キープ、3年ぶり2桁白星 優勝争い「やるしかない」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

大相撲名古屋場所12日目 ( 2017年7月20日    愛知県体育館 )

碧山(左)は突き落としで宝富士を破り2敗を守る
Photo By スポニチ

 碧山が宝富士を下して、14年秋場所以来、およそ3年ぶりに白星を2桁に乗せた。突っ張って押しながらの突き落とし。左を差すと力を発揮する相手を突き放して攻め続けた。「正面に置いて、下から厳しくいけました。よかったです」。首位白鵬との1差もキープ。優勝争いには「考えないようにしている」と言いつつ、「ここまで来たらやるしかない」と、優勝の2文字を内に秘めている様子だった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年7月21日のニュース