“飛ばし屋”葭葉、賞金ハンター名乗り「グリーン捉えられれば」

[ 2017年7月21日 05:30 ]

21日開幕センチュリー21レディース

日米No.1の飛距離で活躍を狙う葭葉ルミ
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの“世界一の飛ばし屋”、葭葉ルミ(24=富士住建)が賞金ハンターに名乗りを上げた。

 センチュリー21レディースが21日に大津市の瀬田GC西コースで開幕する。右ドッグレッグの14番パー5(523ヤード)は、イーグル達成者全員に50万円。今季トップとなる4個のイーグルを記録している葭葉は「グリーンを捉えられれば」と、色気を見せた。前週の全米女子オープンは51位ながら4日間の平均飛距離256・6ヤードは参加選手トップ。今季国内1位の飛距離を本場でも発揮し「自信になった」と言葉が弾んだ。18日に米国から戻ったばかりながら、スコアも賞金も稼ぐ準備ができている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース