織田裕二 ボルトのラストランに熱視線 飯塚翔太「今年一番の走りを」

[ 2017年7月21日 13:34 ]

「世界陸上ロンドン」制作発表会見で笑顔の織田裕二(左)と飯塚翔太
Photo By スポニチ

 俳優の織田裕二(49)とフリーアナウンサーの中井美穂(52)が21日、メインキャスターを務めるTBS「世界陸上ロンドン」(8月4〜13日)の制作発表を東京・赤坂の同局で行った。

 ともに97年アテネ大会から11回連続。今大会は男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト(30)のラストランということもあり、織田は「長い間、僕らを楽しませてくれた。希有(けう)な選手でそうそう現れる選手ではない。『ボルトショー』を見せてもらいたい」と熱く語った。また、放送時間は北京大会の64時間から過去最長の93時間に拡大。織田は「長丁場ですが、僕らにとっても戦いです。頑張ります」と意気込んでいた。

 会見には男子200メートル日本代表の飯塚翔太(26=ミズノ)もゲスト出演。飯塚は「200メートルは例年に比べるとチャンス。今年一番の走りを世界陸上でできると思う」と抱負を語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース