勇太 戸惑いつつ後半3バーディー、2日目へ「流れ乗りたい」

[ 2017年7月21日 06:40 ]

米男子ゴルフツアー 第146回全英オープン第1日 ( 2017年7月20日    英国サウスポート ロイヤルバークデールGC=7156ヤード、パー70 )

全英オープン第1ラウンド、7番でティーショットを放つ池田
Photo By 共同

 池田勇太(31=フリー)はフェアウェーの変化に戸惑いながら、初日は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーで1オーバーの58位となった。

 練習日は晴天が続いて硬く締まっていたが、前夜に雨が降って「かなり柔らかくなった。クラブの跳ね返り方に違和感を感じた」と前半はバーディーチャンスの少ない苦しい展開だった。午後組のラウンド後半は青空が広がり、湿っていたフェアウェーも「昨日の硬さに戻った」と池田の感覚も復活。バーディーチャンスが増え、後半だけで3バーディーを奪った。今年のメジャーはマスターズ、全米オープンとカットラインまで1打で予選落ちしており、2日目に向けて「早い段階でバーディーチャンスを多く作って流れに乗りたい」と展望を語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース