谷原、連続ボギー発進で7オーバー 勇太、優作は後半盛り返す

[ 2017年7月21日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 第146回全英オープン第1日 ( 2017年7月20日    英国サウスポート ロイヤルバークデールGC=7156ヤード、パー70 )

9番、ティーショットを放つ谷原
Photo By スポニチ

 アイルランド・オープンで10位に入り好調をキープしていた谷原は1番と2番で連続ボギーとつまずいた。ロイヤルバークデールで開催された08年は予選落ち。「一生懸命パーを取っていけばそんなに悪いスコアにならない」と話していたが、5番と9番でもスコアを落とした。結局4ボギー、1トリプルボギーの77、7オーバーでホールアウトした。

 池田は3番でボギーが先行し、7番パー3もパーオンできずにボギーだったが後半盛り返し71で1オーバー。宮里もショットが乱れた6番で、5番に続いてボギーを叩いたものの、立て直して70のイーブンパーで第1日を終えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月21日のニュース