優作 後半巻き返しイーブン「一喜一憂しない」辛抱実った

[ 2017年7月21日 06:25 ]

米男子ゴルフツアー 第146回全英オープン第1日 ( 2017年7月20日    英国サウスポート ロイヤルバークデールGC=7156ヤード、パー70 )

全英オープン第1ラウンド、7番でティーショットを放つ宮里
Photo By 共同

 ミックスゾーンに置かれたマイクの前に立つと、宮里優作(37=フリー)は「一曲歌う感じですか?」ととぼけてみせた。3バーディー、3ボギーのパープレーで40位発進。後半にバーディーを集めて巻き返しただけに自然と表情は緩んだ。

 「内容とスコアが一致してない。中身は5オーバーぐらいのゴルフ。久しぶりにこんなに調子が悪かった」と序盤はショットの不調に苦しんだ。だが苦い思いを味わってきたメジャーでの経験から「一喜一憂しないこと」とアプローチとパットで辛抱を続けた。すると「何とかインパクトで合わせた」というだけの間に合わせのショットで13、14番と連続バーディー。終盤は徐々に修正点を見いだし、最終ホールは手応えの残るショットで2メートルにつけて3つ目のバーディーを奪った。

 今季はすでに国内で2勝を挙げ、賞金ランクは1位に立っている。穏やかな風に恵まれた午後組のコンディションも生かし、全英3度目の出場で初の予選通過、さらに上位の背中も見える位置につけた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年7月21日のニュース