モニカ 無念…決勝最下位  リベンジは4年後“地元”で

[ 2016年9月16日 05:30 ]

<女子スプリント・カヤックシングル200メートル(運動機能障害KL1)決勝>レース後に涙を流す瀬立モニカ

リオデジャネイロ・パラリンピック 女子スプリント・カヤックシングル200メートル決勝

(9月15日)
 女子スプリント・カヤックシングル200メートル決勝に出場した瀬立モニカ(18=筑波大)は中盤まで6番手で粘ったが、8人中の最下位。優勝者とは10秒以上の差がついた。

 瀬立は「決勝でこげたうれしさと、悔しい気持ちが混ざっている」とあふれる感情を抑えられなかった。高校の体育での事故で車いす生活になり、握力は10キロもない。事故の後は食が細くなったが、今は一日5食。筋力トレーニングにも取り組めるようになった。

 東京五輪の競技は地元の江東区で行われる予定。「声援を浴びている姿を想像しながら、4年間頑張っていきたい」と涙を拭った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年9月16日のニュース