横綱大関陣が今場所初安泰 鶴竜「一番一番集中して相撲を」

[ 2016年9月16日 05:30 ]

<秋場所5日目>日馬富士(左)が正代を寄り切りで下す

大相撲秋場所5日目

(9月15日 両国国技館)
 日馬富士、鶴竜の両横綱も白星を挙げ、今場所初めて上位陣安泰となった。

 日馬富士は右上手を引いて寄った土俵際で正代の左すくい投げで崩れそうになったが、何とか耐えて寄り切った。「ちょっとバタバタしてしまいました。(すくい投げは)危ないというか、結構きてましたよ」とギリギリの勝負だったことを明かした。

 もろ差しになった鶴竜は栃ノ心に何度もつられかけたが踏ん張り、外掛けで勝利。連敗発進からの3連勝に「一番一番集中して相撲を取っていく」と気合を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年9月16日のニュース