敏京 パー5きっちり好感触「最後まで強い気持ちを」

[ 2016年9月16日 05:30 ]

<エビアン女子ゴルフ第1R>10番でティーショットを放つ野村敏京

米女子ゴルフツアー・エビアン選手権第1日

(9月16日 エビアン・リゾートGC=6482ヤード、パー71)
 野村は安定したプレーを見せた。序盤から何度もチャンスを逃していたが、パー5でしっかり伸ばした。9番で初バーディーを奪うと、13番では第2打でカラーまで運び、3メートルのイーグルトライがわずかに外れる“イーグル逃し”のバーディーだった。

 前日のプロアマ戦後には「グリーンの傾斜もあるし、このコースはティーショットと第2打が大事。最後まで強い気持ちを持って戦いたい」と話したが、メジャー初制覇に向けて好感触が残った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年9月16日のニュース