ジェッツ、ビルズを下す フォーテイ、ランで100ヤード稼ぐ活躍

[ 2016年9月16日 14:53 ]

第2Q、1ヤードを突破してTDを奪ったジェッツのRBフォーテイ(AP)

 NFLは15日に第2週の1試合をニューヨーク州オーチャードパークで行い、ジェッツが37―31(前半20―10)でビルズを下して1勝1敗。ビルズは連敗となった。

 ジェッツはオフにベアーズから移籍してきたRBマット・フォーテイ(30)が、30回のキャリーで100ヤードを稼ぎ、20―24と劣勢だった第3Q残り2分12秒には3ヤードを突破して逆転のTDランをマーク。1試合で100ヤード以上を稼いだのはジェッツのRBとしては史上13人目となった。

 ハーバード大出身のQBライアン・フィッツパトリック(33)も34回のパス試投で24回を成功させ374ヤード、1TDを獲得。弱点と言われている守備陣を攻撃陣がカバーして勝利を収めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月16日のニュース