錦織 デ杯入れ替え戦 残留へ“ジョーカー”待機

[ 2016年9月16日 06:05 ]

デ杯ワールドグループ入れ替え戦を前に、写真撮影に応じる(左から)日本代表の植田実監督、錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、杉田祐一

 リオデジャネイロ五輪男子テニス銅メダリストの錦織圭(26=日清食品)がジョーカーになる。デビス杯ワールドグループ残留を懸けたウクライナとの入れ替え戦(大阪市・靱テニスセンター)開幕を翌日に控えた15日は会場施設で練習。その姿を一目見ようと、約200人が集まった。激闘の五輪、4強入りした全米オープン後で「疲れが抜け切れてない」という状態ながら、約1時間の“公開練習”でファンを喜ばせた。

 大会はシングルス4試合、ダブルス1試合で争い、シングルス2戦が実施される初日はダニエル太郎、西岡良仁が出場。最終日は初日のシングルスの対戦相手を入れ替え、3勝したチームが来年のWGを戦う。錦織の出番は2日目の杉田祐一と組むダブルスのみながら、初日以外は組み替えが可能。「最終日(シングルス)も準備している」。ジョーカーとして日本を勝利に導く。

続きを表示

▼全豪オープンテニス WOWOW放送スケジュールはこちら

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年9月16日のニュース