岐阜女が初優勝、桜花学園の4連覇阻む 高校選抜優勝大会

[ 2015年12月28日 14:00 ]

桜花学園を破って初優勝を果たし感極まる岐阜女の選手たち。左端は肩を落とす桜花学園・馬瓜

 バスケットボールの全国高校選抜優勝大会第6日は28日、東京体育館で行われ、女子決勝は岐阜女が4連覇を狙った桜花学園(愛知)に54―49で逆転勝ちし、初優勝を果たした。

 岐阜女は32―39で迎えた第4クオーターに田中の3点シュートなどで追い上げ、逆転した。桜花学園の全国高校総体、愛知県選抜として出場した国体を合わせた3年連続の3冠はならなかった。

 3位決定戦は昭和学院(千葉)が聖カタリナ女(愛媛)に95―57で快勝した。

 男子準決勝では3連覇を狙う明成(宮城)が110―70で中部大第一(愛知)に快勝し、土浦日大(茨城)は91―78で能代工(秋田)を振り切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース