こちらも14歳白岩5位 最終組滑走「ありがたい感じだった」

[ 2015年12月28日 05:30 ]

5位に入った白岩優奈

フィギュアスケート全日本選手権最終日

(12月27日 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)
 SP6位の14歳・白岩は右かかとの痛みにも負けず、最後まで滑りきり5位。SPの6分間練習で痛めたが、「(連続ジャンプは)最初より後半に跳んだ方がいい」と加点を狙ってジャンプの構成を変える精神力の強さを見せた。

 「高得点を出せたのでうれしかった」とうなずいた。今年はジュニアGPで2連勝の実力者は“お姉さん”たちと最終組で滑り「一緒に滑れていることがありがたい感じだった」と満足げに振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース