相手FWに苦戦…高松北大敗も「自分たちのラグビーは間違いではない」

[ 2015年12月28日 13:20 ]

全国高校ラグビー大会第2日・1回戦 高松北0―68関商工

(12月28日 花園ラグビー場)
 高松北はゴールラインが遠かった。開始1分に先制を許した後、敵陣深くで試合を進めた。しかし、ターンオーバーからカウンターを浴びて11分に追加点を献上。その後は重量級選手を揃える関商工の突破をなかなか止められずに大敗した。

 01年坂出工以来となる県勢2勝目はならなかった。No.8広瀬主将は「体格差があったが自分たちのラグビーは間違いではなかったと思う」と目を腫らしながら前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース