真凛悔し9位 世界ジュニア代表確保も「全然実力が足りない」

[ 2015年12月28日 05:30 ]

本田真凛は2度の転倒が響き得点を伸ばせず9位

フィギュアスケート全日本選手権最終日

(12月27日 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)
 大会初出場の本田は悔しさの残る9位となった。11位だった前日のSPに続いて、有名子役の妹・望結も会場で応援。しかし「一番不安があった」という最初の3回転ルッツで転倒。後半の3回転フリップでもミスを重ねて「思ったような演技ができなかった」と肩を落とした。

 目標としていた世界ジュニア代表は確保したが、「まだまだ全然実力が足りない」と反省しきりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース