早大・藤田号泣…大学最後の試合で東海大に完敗、シンビン処分も

[ 2015年12月28日 05:30 ]

<東海大・早大>試合に敗れ号泣する藤田(中央)

ラグビー大学選手権第2ステージB組 早大15―48東海大

(12月27日 江戸川)
 早大は前節ですでに敗退が決まっていた中で東海大に完敗。試合終了間際にトライを決め、終了後には号泣した日本代表のFB藤田は「チームとして個人としても悔しい」と話した。

 前半15分にはハイタックルを繰り返してシンビン処分も受けるなど、大学最後の試合はほろ苦いものになったが「日本代表や7人制代表で活動できたのもチームの理解と仲間の応援があったから」と感謝した。

 また、4季目だった後藤禎和監督は退任の意思を示した。後任にはOBで02年度主将の山下大悟氏が濃厚となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース